2009年02月13日

Stunt






ぐっもーにん。
インフルエンザウイルスが万延し、先週から日に3人は休んでいる社内で
悠々と茶なぞを啜っているりえですが
実はインフルエンザにかかってみたい、という思いは人一番強かったりするわけで。
会社を1週間休んで、家事なぞも正々堂々とサボってみたい。
が、神様はそんなわたしの浅はかな心の内を見抜いているらしく
予防接種を受けたわけでもないのに毎年インフルエンザとは無縁で無念です(←うまいっ)




さて。
不本意ながらも元気イッパイな飼い主ですが
バムセも毎日なにやら元気です。
先日、バムセの鮮やかな階段さばきをblogにupしたのですが
実はあの画像の前後にちょっとしたドラマがございましたー。
涙を誘ったり、感動でムネを揺るがしたり、といったドラマでは特に無いのですが
なんとなく紹介させて頂きます。








(やや)高い所を好むバムセ。
あえて「○○は高い所がスキ」とは言いませんが
昔からちょっとした段差を見つけてはソコに登り下界を見下ろしたりしております。
そんな時のバムセはなんだかちょっと・・・






213-1.jpg





いや、かなり得意気。
普段“小型犬”として生活し、見下ろされてばかりの毎日なので
時にはこんな風に発散する必要があるのでしょうね。
ここはライブ会場だ、と言わんばかりの陶酔っぷり。
が、しかし。






213-2.jpg







やはりちょっぴり虚しいらしく。
茶番はアッサリ幕を下ろしましたー。
哀れ・・・。





もういいよ、バムセ。
バム・オンステージはもういいから、さっさとそこの階段を降りてくれたまえ。
降りている様子をカメラでとらえたいのでね。






213-3.jpg







慎重に段差を伺うバムセ。
段差の落差や角度を瞬時に計算し
それに伴い、降りる速度や安全な着地点を割り出します。



そうそう、昨晩は“奇跡体験アンビリーバボー”で特集されていた
“奇跡の瞬間60連発”とやらを観たのですが(みた?誰かみた?)
バイクのスタントがそれはもう見事でしたよ。
時速90kmで滑走路を疾走し、ほぼ垂直のジャンプ台で
パリの凱旋門(レプリカ)の頂上までジャンプし着地する、というスタント。
でね、これだけでも「おーまいがッ!」なスタントなのですが
なんとこのスタントメン、今度は凱旋門頂上から落下して滑走路に着地です。
高さ50mの凱旋門からバイクにまたがり数十mも落下なんて・・・
「こんな人を旦那にしたら気苦労が絶えないんだろうな。」
と、いらぬ心配。




あんなスタントに挑戦するなんて
技術はもちろんだけど、相当強靭な精神をお持ちなんでしょうね。
そして
犬界のカリスマ・スタントウーメンであるバムセもまたしかり。
この日の階段降りスタントは・・・・・






213-4.jpg










213-5.jpg










213-6.jpg







残念ながら失敗に終わったけど。

でもね、逆立ちして階段を降りるなんていう
前代未聞のスタントに挑戦しようとするなんて凄いバイタリティじゃないですか。
「結果より経過が大事」っていうし
バムセのガッツに大きな拍手を送りましょう。


・・・・えっ?
「GO−!!」の写真で両後脚が同時に上がってるのは
逆立ちに挑戦、というわけでなくただ単につんのめっただけ・・・って?
・・・・・・・・ささ、終いだよっ。帰ぇーった帰ぇーった!(汗)

カリスマ・スタントウーメンバムセだって生死を掛けたスタント後は・・・・







213-7.jpg







もう、(精神的に)ヘトヘトなんだから。
ささ、帰って休みましょーね。



絶対そのステージの上には登らないわ、と全身全霊で訴えるバムセ。
が、次回ここへ訪れた時もきっと率先して登るのでしょう。
チャレンジ精神旺盛なカリスマだから、ではなく
「○○は高い所が好き」ということなんでしょうけど。








213-8.jpg






またー?







*ランキング参加中*

散歩へ行く度、疲労困憊&心神喪失なバムセに
「強靭なせーしんは?」のポチっとお願いします♪

応援クリックお願いします♪
ニックネーム りえ at 11:26| 〓bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする