2009年03月17日

dancing BAM



干乾びたミミズの死骸なんかを見つけると、そのカホリを身にまとうべく
地面に身体をこすりつけるのがイヌの習性だったりするわけですが
最近のバムセさんのマイブームは
この“カホリ付け”をワタクシの首元及び頬で行うことでして
ほんの目と鼻の先で光悦の表情を浮かべつつ、のた打ち回っておりますよ。
ミミズ発見!、と言われているようでなんだかちょっぴり複雑な心境ですね。
I want to ふぁぶりーず。





さて。
ワタクシをミミズ(死去)と見間違えている失敬なバムセさんですが
彼女の自己チューっぷりは天下一品でございまして
越後が生んだ奇跡の自己中犬、と言っても過言ではありません。
(ミミズ扱いされた腹いせ、ではありませんのであしからず。)






317-2.jpg








先日は友人cieloさんを誘い、2人と1匹で公園へと繰り出したのですが
そこでも元来の自己中っぷりを発揮しておられましたよ。

cieloさんがトイレへ消えていくと、途端にフリーズするバムセ。







317-3.jpg






“哀”と書きましたが、正しくは・・・・“怒”も少々。
何せ自己中なバムセさんですので、断りなくバムの元を離れたcieloさんに納得できないもよう。
勝手な振る舞いは許すまいぞ、とハラワタ煮えくりかえりつつも
まさか帰ったのではあるまいか?と不安も抱えているご様子です。

が、そこは21世紀。
水洗便所が普及している現代で
“厠へ行ったきり戻らない”などという事があるはずもなく・・・
数分後、(残念ながら)cieloさんは無事に帰還されましたよ。
これが汲み取り式便所なら“帰還出来ズ”という美味しいオチもあったでしょうに・・・。





317-4.jpg








317-5.jpg










317-6.jpg







飼い主であるワタクシをそっちのけ、で大歓喜でございまス。
自分はやはりミミズやもしれん、と不安に駆られた瞬間ですよ。
テンションがた落ちのワタクシに反して
感動の再会を果たした2人はもう、ノリノリのキャピキャピなご様子で
ついには“喜びの舞”までおっぱじめる有様。







317-7.jpg









317-8.jpg







“踊るアホウに見るアホウ、同じアホなら踊らにゃ損、損♪”
そんなフレーズが頭をよぎりますが
2人の間に入っていくことがどうしても出来ないワタクシは“見るアホウ”で。
どうせあたしゃミミズだよー、おまいら、足首がグニっとなればいい・・・などとは
断じて一切思わなかったのですが、なんとなく蚊帳の外。





指をくわえて眺めること数分。
しかしそこは天下の自己中犬・バムセですので・・・






317-9.jpg









317-10.jpg








ピシャリ、と扉を閉ざしますよ。
終わりって言ったら終わりなの。空気読んでよねー、とでも言っているのでしょうか。
さきほどまでのフレンドリーさは一気に消え失せ、途端に他人行儀でございます。
困惑する、cielo。







317-11.jpg







厠からは帰還することが出来たcieloさんですが
別の意味で“落とされる”こととなったのでした。チャンチャン。




蝶のように舞い、鉢のように刺す・・・。
バムセも悪よのぉー。








*ランキング参加中*


昨晩は雷が鳴ってました。
ワタクシの膝に避難してくるバムセでしたので
どうやらワタクシは“ミミズ”から“時に役立つミミズ”へと昇格したもよう。

なかなか手厳しいバムセに
 今日も応援クリックをお願いします♪

応援クリックおねがいします♪
ニックネーム りえ at 11:44| 〓bamuse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする