2009年03月19日

Health care


おはようございます。
無性に“酢豚”を欲し、よし今晩は酢豚だと決定したものの
バムパパは不在だし、買出しに行くのは面倒だし、で
豚バラ薄切りのみの使用で酢豚を作る、という快挙を成し遂げたワタクシですが
やはり酢豚にはある程度厚みのある肉が合うなぁ、と。





317-1.jpg





付き合い(自称)で飲みに出る機会の多いバムパパですので
ワタクシはロンリー・ディナーな夜が多いのですが
自分ひとりのためにきちんと料理なんかしていられるか、てやんでぃ、と
極力手を抜くように心掛けていますよ。切ったり洗ったり、が嫌ー。






さて。
そんな自分のヘルス・ケアには無頓着な飼い主ですが
愛するバムセさんの健康管理には多少なりとも気を使っているわけで
このたび、初のフード・チェンジを試みました。




319-0.jpg


【bosch】ハイプレミアムアダルトミニドッグフード





より安全で安心出来るフードにシフトしたいな〜、と
だいぶ前から情報収集していたのですが、迷って迷って迷って・・・
何度もフードを変えるフード・ジプシーは避けたいし、とことん悩んで選ぼう、と。
チョイスまでにかなりの時間を費やしましたがやっと決定しましたよ。



フードに関する本やサイトを覗くと
“雑貨扱い”“レンダリング”“肉骨粉”“AAFCOは肉骨粉を容認”etc・・・
なかなかショッキングな内容で、フードへの不安は高まるばかり。
でも、それなら手作り食を毎日続けられるか?となると現実それも難しいわけで
そうなると選択は“極力安全なものを”ということに。
“無添加”“天然素材”などの表記がどこまで正しいか、は分かりませんが・・。








319-1.jpg







もうすぐ狂犬病予防ワクチンやフィラリア薬投与の季節。
ワクチン打ったり、採血したり、とワンコにとっては負担の大きい季節だよな〜、なんて
飼い主のワタクシとしても非常に気が重いわけですねー。






319-2.jpg






癲癇持ちのバムセにとって、ワクチン接種はリスキーということなので
毎年予防接種はパスさせて頂きますが(お医者さんに証明を発行して貰いますよ)
一部ペット・ホテルやランなどの施設は今後利用させて貰えないんだろうなー、と
ちょっぴり悲しく思う反面、ワクチンの副作用や過剰投与の結果を心配せずに済む事に
だいぶ喜んでいたりするわけでございまス。









319-3.jpg








日本脳炎のワクチン接種で死亡者が出れば廃止されるのに
どうして狂犬病ワクチンの副作用で死亡するワンコが年間に何十頭と報告されていても
“年に一度の接種”を見直されることが無いんだろう・・・、とか
個人的に疑問を持っていたので
バムセの癲癇治療でお世話になっている獣医さんに
「狂犬病はパスすることを勧めるよー。」と言われた時は
小躍りしちゃいそうなほどの大喜びでした。









319-4.jpg







フード問題、狂犬病ワクチン、避妊手術etc・・・
オーナーさんによって考え方はそれぞれで、本当に賛否両論ですよね。
反対派or賛成派・・・
情報量が多すぎて調べれば調べるほどに混乱しちゃうことも多々、なわけです。
“お勧めの躾け方”にしろ“お勧めのフード”にしろ
本やサイトによってその内容はガラリ、と変わっているんだもん。
何を信じて良いのやら、なんて途方に暮れた時期もありましたが
それでも最終的に「○か×か」を決めるのはオーナーのわたし。
しっかり見極めなくちゃな、と思います。








319-5.jpg







バムセの未来は明るい、と信じているし
わんこの未来もまた明るい、と信じたいなぁー。






とにかく。
“酢豚”は厚みのある肉を勧めますよ。あと、黒酢ね。







*ランキング参加中*

いつも応援ポチをありがとうございます。
夕陽を浴びてカッコつけてるバムセちゅわんに
「NEWフードもモリモリ食べて健康でいてね」
と、応援のポチをお願いします♪

応援クリックおねがいします♪
ニックネーム りえ at 11:31| 〓food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする