2009年04月07日

写ッタンです。



おはようございます。
山手線ゲームをしよう、と突然提案してきたバムパパ。
しかし次の瞬間、彼の口から「り〜えといったら、○○♪」という
マジカルバナナのフレーズが流れ出し、とっても驚いたワタクシですが
・・・バムパパ、大丈夫かなー?疲れてるのかなー?




さて。
昨日はちょいとウッキウキな出来事がありましたよ。
先日ロビンパパからお借りした、フィルム・カメラですが
昨日で無事27枚撮りフィルムを使い切り、現像に出してみましたー。






47-1.jpg







ドライブ中の車内から撮ったもの。
雨の中ぽっつーんと自転車が佇み、美容室の外観が素敵だったので。









47-2.jpg






そして、どういうワケかついつい撮ってしまうロバくん。
チラっとこちらを伺う様子が可愛らしくて気になる奴です、はい。






47-3.jpg



「いつもと違うカメラー、ちゃんと撮れるの?」





茶色いちっちゃいひと(最近のバムセのニックネーム)もパシャリ、と。
バムセの切なげな表情がなんとも言えませんが・・・
本犬、別に切ないと感じているわけではなくて、ただ単にこういう顔なんですよー。



・・・と、案外ちゃんと撮れている!奇跡だー。
何せ初めて手にしたカメラが“写ルンです”でして
フィルムカメラなんて見た事も触ったことも無かったものですから
ちゃんと写っているか、とっても不安だったんです。
全然写ってないかも知れないんですけどとりあえず一切補正せずに現像して下さい、と
カメラ屋の店員さんに依頼したのですが
幸い真っ黒け、とか真っ白け、といった明らかなるミステイクは一枚もありませんでした〜。
しかし・・・





47-4.jpg







こんな風にピンボケしている写真はありましたがね(汗)

デジイチではオート・フォーカスに頼りっぱなしのワタクシですので
マニュアルでのピント合わせは結構大変でした。
絞りもシャッタースピードも全部マニュアル。
肯定が多くてシャッターを切るのに時間が掛かっちゃうけど
だけどその分楽しさもひとしお、なフィルム・カメラでしたよ。

このピンボケ写真はバムとのお散歩途中に撮ったもので
バムセがぐいっとリードを引いたショックでシャッターを押してしまった、という逸話が(笑)
じっくり丁寧に撮ったものと、適当にシャッターを押したものでは
仕上がりにも違いが顕著に出るんですよね。面白いなー。







47-5.jpg





こっちもピントが少々甘いです・・・。


PC画面からでは分かりづらいけど、とにかく質感が最高です。
“フィルムにはデジタルには真似出来ない味わいがある”
とは良く聞きますが・・・今回体験してそれがよーく分かりました。
もし家に飾るとしたら、間違いなくフィルムで撮った写真を選ぶな〜、と。


とりあえず感触をつかみたかったので構図や露出はあまり気にせず
27枚撮りまくったのですが、現像が上がるまでのワクワク感は何とも言えませんでした。







47-6.jpg







2本目のフィルムはもう少し構図や露出を意識して丁寧に撮ろう、と思います。
私事ですので本日コメ欄閉鎖します・・・あ、いつもか。あは。







*ランキング参加中*

今週末は弟の結婚式なのですが
振袖にデジイチ&フィルム一眼といういでたちで参上しますよ。
“専属カメラマンだから、準備風景も撮らせろ”
とダダをこねましたら、新郎新婦と同時刻の来場が許可されました。

何を目指しているのか、何故にここまでマジなのか、は不明ですが
とりあえず応援ポチっとお願いします♪

応援クリックおねがいします♪


後ほどバム記事もあっぷー。
ニックネーム りえ at 10:35| 〓about* photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする