2009年10月02日

ストイックピクニック


おはようございます。
昨日は宅のBPへ沢山のポチ&お祝いメッセージをありがとうございましたー。
愛されて32年。
これからも日々精進して参ります〜。





さて。
そんな愛され男BPですが本日もまた出演なんですねー。
立て続けかぁー・・・、なんて声がそこここから聞こえそうですが、まあまあそうおっしゃらず。





102-1.jpg



先日の日曜日は珍しくBPがお休み。
だもんで予てから是非挑戦してみたい、と思っていたピクニックとやらを試してみたのですが
爽やかに広がる秋晴れの下、波の音を聞きながら食すおにぎりは
非常に美味だったんだな(あ、また山下清口調!)





102-2.jpg





前日・・というか数日前から構想を練りまくり
日に何度も電話でBPと相談し合いながら決定された、汗と涙の結晶ともいえるお弁当。
憧れのピクニックに初挑戦ということで異様なまでの張り切りぶりを見せつけ
朝夕問わず&仕事中にも関わらず
「のりはパリパリ派〜?」だとか「ミートボールとハンバーグはどっちが良いのだい?」だとか
きっとウザイことこの上なかったでしょうね。あは。


ひとつ残念だったのは、なかなか胸にズキュンとくる私好みのお弁当箱が発見出来なくて
愛用している野田琺瑯のスタッキング容器を代用することに。
でもまあ、これはこれで可愛いからいっか。





102-3.jpg





とか何とかBPも大絶賛しているご様子
・・っぽく文字を加えましたが、実際はそんな言葉は聞いてなくて
ただ、きっと心の中でこう言ってるんだろうなーって思って勝手に書き加えましたよ。
ほら、BPって照れ屋さんだから。
いや、実際言ったんだけど波の音がかき消したんだっけな??




と、こんな感じで至福の時を過ごす飼い主達ですが
いよいよバムも我慢の限界を超えたらしく“よござんすか?”みたいな格好で身を乗り出してアピールです。
張った張ったー!





102-4.jpg






で、お待ちかねのハミハミタイムに突入ですよ。
どうですかこの嬉しそうな顔といったら!
母の愛情たっぷり非手作りガムを一心不乱に食べるバムを見ていると
ああ、連れてきた甲斐があったなー、喜んで貰えて良かったなー
・・・なんて実際は家でも同じ表情なんですがね。

いやいや、しかしみんな一緒にお外で食事なんて美味しさもひとしおなハズ。うん、絶対そうだ。




102-5.jpg




だってこのロケーション!
ウッドデッキの展望台は貸切状態だし、目の前には無限に広がるオーシャンビュー・・・
・・・・って、バムちゃんケツ向けてますやーん。





そう、とっても居心地の良いピクニック会場だったんです。
が、しかし実はコレにはワケがありまして・・・。
その説明をBPの素敵画像とともにどうぞー。




102-6.jpg





この日の本来の目的地は新潟北部にある“笹川流れ”というそりゃもう美しい白砂の海。
BP家からは高速を使っても2時間程掛かるちょっと遠方の行楽地なのですが
せっかくだしキレイな景色が見たいよね、ってことで遠路遥々向かったわけです。

やっと市内に入りあと30分程で目的地に到着ってとこで目にしたのは
そこここに点在する“国体トライアストン開催のため交通規制”の看板と立ちはだかる警備員・・。


それでも何とか裏道を探しぐるぐる迂回し、海まであと数分!
しかし、最後の裏道もピシャリと閉ざされこの先をぐるりと遠回りをしなければ到着は難しいとのこと。
で、諦めました。チーン・・。



102-7.jpg





その後はとにかく全力でピクニック・スポッツを探すわけですが
なかなかどうしてコレといった場所が見当たらず
しかしそうこうしているうちにお腹と背中がくっつく程にハラペコとなるわけですよ。
それもそのハズ、弁当を全身全霊で楽しむ気でいた私たちは朝から何も口に入れてない・・。
終いにゃ「もう、この駐車場でいいから食わせてくれ・・・。」なんてBPも弱音を吐き出し
そんな彼を説得しつつ、やっと発見したのがココというわけ。
大量の食糧を持参しているにも関わらず飢餓状態って・・・どんだけ辛いか分かりますか?
いやー・・ピクニックってストイックな行事なんですね。




で、何故ゆえBPがこんな格好をしているかというと
弁当を食べ終え手持ち無沙汰になったわたしからのリクエスト「何か面白いことしてー。」に応えるためですが
別に、全然面白くない。




102-8.jpg





“終わり善ければ全て善し”?
いえいえ。
腹ペコすぎて弁当をむさぼり食ったから会話もさほど弾まなかったし
せっかく購入したレジャーシートは活躍出来なかったし、なので
コレは残念ながらピクニックとは認められません。
“食後はレジャーシートの上でゴロゴロ本を読みつつ、ボール遊びに興じるBP&バムを眺める”
という理想の図が完成しない限り、ピクニックを諦めませんよ。




ゆっくりじっくりガムを味わうバムが食べ終えるのをひたすらに待って
次の目的地へ向かうのでしたー。







*にほんブログ村ランキング参加中*

赤ウインナーはBP曰く“絶対譲れない具”だそうで。
なんだかいつも珍道中なバム家に
今日も応援ポチっと頂けると次回は無事目的地へ着ける気がします♪

応援クリックお願いします♪

ま、到着出来たとしても絶対何かしらハプニングがあるんでしょうけどー。

ニックネーム りえ at 11:07| 〓Niigata Spot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする