2009年11月19日

伝説の雷魚探し-其の壱-

おはようございます。
毎朝寒くて布団から出れない、という冬ならではの悩みに頭を抱える以前に
毎朝寒すぎて早朝に目が覚めてしまう、という今日この頃です。
毛布一枚しか掛かってません。




さて。
なんとも奇妙キテレツなタイトルですがまたまた数週間前の出来事ー。
巨大雷魚が生息する、という噂の池がある【大平森林公園】へバムと探検に行った時のお話です。



21119-0.jpg



コレが巨大雷魚の住家と言われている池ですが
数年前に訪れた際に池の中央付近で揺れる大きな影を実際に目撃したし
間違いなく雷魚はいるんじゃないかなと。うん、絶対いるっ。
気分はすっかり川口探検隊でテンション上げていざ出発ー。



ちなみに雷魚とはこういうやつですけども
巨大なものだと1mは優に超すそうで・・・わくわく♪
“巨大”とか“伝説”とか、ロマンだ〜(萌)




21119-1.jpg




早速なにかを察知したバムセ隊員。
そんな岸辺に雷魚の痕跡が残るハズは・・、と思うでしょー?
が、しかし。
雷魚は肺呼吸(or空気呼吸)も出来るので時折陸に上がって日光浴もするそうな。
むむっ・・、ならばきっと手がかりを掴んだのやも知れませんね。




21119-2.jpg




ほら、キターっ!
途端に表情を変え、自信たっぷりの足取りで歩き出すバムセ隊員。
そこで待ち受けていたものは、



21119-3.jpg




そこ、BBQハウスですってば(涙)



確かに匂うけど、“美味しい匂い”でなく“怪しい匂い”を嗅ぎ取って頂きたいかなと。
あそこへ行かせてくれろ、と懸命に踏ん張るバムセ隊員を抱きかかえ
一旦ここからそそくさと離れましょうー。





21119-4.jpg




その後は池をぐるりと囲むお散歩コースを散策。
階段を上って山道に入ったり、と自然をたっぷり満喫出来る素晴らしいコースなのですが
バムセ隊員、“くっそー”とか言わないでくーださいよー。





21119-5.jpg




BBQにありつけなくて・・・あ、雷魚を発見出来ず悔しがってたバム隊員も
じょじょに気力を取り戻し、ご機嫌に地面を匂いますけども
バムセ隊員がどこにいるか、分かるかなー?





21119-6.jpg




こーこでーしたー。
・・・って、飼い主を非常に不安にさせるバム隊員の台詞ですが
もちろんこの後不安は的中しまして、隊員の口からキノコを取り上げる事となりましたよ。
バムの前世はトリュフ探しの豚だと確信。





21119-7.jpg




山道を抜けると、赤い橋が目の前に。
もはや雷魚探しの任務なぞすっかり忘れ
なにか胃袋に収められるものは無かろうか、と別の目的遂行に励む隊員ですよ。
何も落ちてませんがな。




21119-8.jpg




・・・・・・あっ、ダッシュした!(笑)





21119-9.jpg





しかしリードという命綱でしっかりと繋がれているため、ここが限界。
残念でしたー。





21119-10.jpg




どんぐりゾーンでのバム隊員の陰謀も阻止することが出来まして
ずんずん先へ進みますが・・・・・



画像が多いので、次回へ続くー。






*にほんブログ村ランキング参加中*


果たして雷魚は見つかるのか?!
自慢の嗅覚を駆使して捜索に挑む
茶色いコガタのバムセ隊員に
今日も応援ポチっとお願いしまーす♪

応援ぽちっとお願いします♪

ニックネーム りえ at 10:30| 〓Niigata Spot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする