2009年12月03日


おはようございます。
昨日は1日、レッグウォーマーを着けて過ごしたのですが
なんちゅー暖かさだっ!と、感動しっぱなしでした。
今日は、ユニ○ロでヒートテックを買う予定。
わくわく。



さて。
前回の記事に【福島潟】での出来事を載せましたが
こんな時期の水辺散歩に心底冷え切ってしまったおバムセちゅわん。
テンションがた落ちな彼女のためにも直帰という選択肢はあえてとらず
素敵なスポットへ立ち寄ることにしましたよー。





21204-3.jpg




じゃじゃーん、湖(バム、ががーん)。
白鳥が飛来する、瓢湖(ひょうこ)というちょっとした観光スポットですけども
冬本番前のこの時期で、もうすでにワラワラ状態。すごいー。

若干黒ずんで薄汚れている白鳥さんたちでして
BPからは「醜いアヒルの子ー!」と屈辱されたりなんだりもしましたが
優雅に湖上を行き来する様は品格に満ち溢れ流石は白鳥さまさまだなー、と。


そんな白鳥さまさまの様子を目の当たりにしたバムさまさまは・・・、








21204-1.jpg





圧倒され、





21204-2.jpg






恐怖におののいておりましたよー。



大丈夫、食物連鎖のヒエラルキーではバムの方が上位だから!と、言い聞かせますけども
デコシワをたっぷり寄せてなおも困惑気味。
いくらヒエラルキー上では勝者であっても集団の力には勝てない、と察しているのやもしれませんねぇ。






21204-5.jpg





そんな困惑気味のバムをしっかりと胸に抱き
ほら見てごらん、なんて愛娘とコミュニケーションを図るべく
ちょっと得意げに父親の顔を見せ付けるBP。
そんな尊敬すべく父親に「パパ、白鳥さんはどこから来るのー?」なんて質問は
まあ日本語が堪能でないため出来ませんが、バムはバムなりに応えますよ。






21204-6.jpg







21204-7.jpg






21204-8.jpg







21204-9.jpg






父娘のコミュニケーションタイム、終ー了ー。
どんまい、BP。





21204-10.jpg




そんなわけで、ものの数分でここを立ち去ることになったのですが
唯一バムセが興味を示したのは
橋を占拠する大量のカモ、ではなくて・・・・、





21204-11.jpg





白鳥の数はやはり紅白歌合戦の最後で集計する日本野鳥の会の人たちが使ってるような
カチカチカウンターで数えてるのかな?ってことでもなくて・・・、
(あれ、ダイソーで売ってるらしい!欲しい!)





21204-4.jpg





もちろん、白鳥やカモでもなくて・・・・、



バラまかれてる白鳥のエサと
バムを見て「可愛いーっ」と黄色い声援を投げかけてくれる人たち、でした。
おろろろ・・・
そんな時だけ、敏感に反応ですか。




21204-12.jpg




駐車場へ向かう道のりではご覧の通り、満面の笑み。
顔に出やすい子なんですよね(汗)



今度は雪景色の瓢湖で撮影がしたいなー、と思うけど
間違ってもバムを連れてきちゃならん、と心に強く誓いました。
・・って、あれ?似たような台詞をどこかで見かけたような?
デジャヴだわー(*´ェ`*)





*にほんブログ村ランキング参加中*

いつも応援ポチっとありがとです♪
相思相愛なわりに足並みが揃わないBPとバムセに
日本野鳥の会になったつもりでカチっと♪♪
  ↓
応援クリックおねがいします♪

富士丸くんが亡くなったの知らなくて
今BPから聞かされショック・・・。
ご冥福をお祈りします。

ニックネーム りえ at 10:41| 〓Niigata Spot | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする